隠すよりも潔い髪型で薄毛対策

###Site Name###

髪が薄くなっているのに気づいたら、どうにかして隠そうとするのが人の心理というものです。
しかし、薄くなっていない部分の毛を伸ばし、何とかカバーしようとスタイリングすればするほど、余計に薄毛を目立たせてしまう結果になります。

詳細はこちら

サイドの髪を伸ばし、無理やり反対側へ髪を撫でつけるバーコードと呼ばれる髪形は、その典型とも言えるでしょう。
本人は隠せているつもりでも、人から見るとありえない髪型になっており、後ろ指をさされたり、失笑されるのがオチです。

薄毛対策の髪型として、最も好印象かつナチュラルに見えるのは、短髪です。余計な小細工はせず、髪のある部分も短くカットすることにより、毛量が均一化され、薄毛が目立たなくなるという効果もあります。

隠すのではなく、薄い毛を活かした髪型を考えることが、最良の薄毛対策となります。

特に女性は、薄毛であることよりも、薄毛を隠そうと必死になっている姿を軽蔑する人が多いので注意が必要です。



まばらな髪で長髪にするよりも、いっそのこと坊主頭のほうが、好感度も上がります。

近頃は、坊主もおしゃれな髪型だと認識されるようになっています。その他の薄毛対策としては、カラーリングがあります。ゴールドやシルバーなど、肌とのコントラストが薄い色にカラーリングすると、髪の薄さが目立たなくなります。



しかし、職場によっては、派手な色にカラーリングすることができない場合もあるので、誰にでもできる方法ではありません。